電話占いの始まり

Everyone in fortune

便利な世の中になってきて今や占いは、占いの館みたいに占い師が常駐している所にも行かなくても占ってもらえるようになりました。それができる占いサービスが電話占いです。曜日や時間を決めて予約などもせず、占ってもらいたい!と思ったらすぐに電話をかけて占ってもらえるサービスです。
占ってもらいたいけど時間がなく忙しい人達には嬉しいサービスですが、そもそも電話占いっていつから行われているサービスなのかあまり知られていません。誰がどういう方法でいつから始めたのか明確な起源は定かではいないようです。一説では1990年代に流行したNTT東日本・西日本が始めたダイヤルQ2というサービスを利用し提供していた、占い情報サービスが電話占いの起源ではないかとも言われています。
他にもその年代の占い情報誌に電話占いについての広告が掲載されていたという情報もあります。なので1990年代には電話占いの根底は出来ていたと思われます。しかし当時の電話占いサービスは一人の占い師が個人でやっていたサービスの延長線上のようなものであり、対面式の占いが主でありました。
そしてある人気の占い師が電話占いのサービスを開始して、相談する電話が殺到してくると仲間の占い師に協力を求めてサービスを行うなどの形式をとり始め、複数の占い師が在籍する現在のような電話占いの会社が設立されました。2000年代に入りいくつかの電話占いのサービスを提供する会社が出てき始めきましたが、今みたいに利用する人は多くなかったそうです。
ですが、携帯電話の急激な普及と共に電話料金が低価格になった事により、徐々に電話占いを利用する人が増えてきました。携帯電話という個人の電話を持つようになり、家族や友人に言いづらい内容の相談なども自分の部屋などで出来る事や、インターネットの普及も伴いホームページなどでの宣伝をする占い師も出てき始めて注目される幅が広がるメリットも生まれて注目が集まり、現在のような人気へとつながっていきました。